HOME > 事業所紹介 > 吉富工場

吉富工場

田辺三菱製薬工場 吉富工場

国際基準に準拠した新薬の供給体制を構築

国内生産拠点の集約と効率化を進め、患者さんニーズに応える生産工場を目指すため、新たに、吉富工場に固形製剤専用のA5工場を竣工させました。A5工場は、グローバルな最新のGMP基準に準拠した設備とシステムを備えており、多くの医薬品を世界中に供給することができます。さらに、省エネ性能等、環境面にも十分に配慮し、免震構造をはじめとするBCP(事業継続計画)にも対応可能な設計となっています。原料の受け入れから製品の製造・出荷までを完全自動化した現有のA3工場とあわせ、MTPCグループの医薬品生産の中核を担う工場として、患者さんに信頼される品質で、安定した製品の供給に努めます。

工場設備

工場設備

工場設備

中央管理室

中央管理室

原料秤量

1原料秤量
バーコードを読み取って原料を自動的に秤量します。

造粒

2造 粒
水分制御をしながら、攪拌、流動層造粒を行います。

混合

3混 合
搬送、混合、洗浄、乾燥などすべて自動で行います。

打錠

4打 錠
1日約400万錠生産するダブルプレス型打錠機

コーティング

5コーティング
フィルム液は夜間無人で調整。1日の生産能力約300kg

印刷・検査

6印刷・検査
印刷と同時に、全数、外観を検査します。

PTP充てん

7PTP充てん
PTPシートを成型し、毎分6000錠を充てんします。

包装・出荷

8包装・出荷
包装・出荷準備を行うロボットを4基装備しています。

■吉富工場概要
■生産実績(2017年度)
敷地面積 382,000m2(約115,800坪)
主な生産工場 ・A1工場 12,400m2
 (錠剤、散・顆粒)
・A3工場 11,500m2
 (錠剤)
・A5工場 18,300m2
 (錠剤)
・技術品管棟 4,024m2
 (治験薬製造、品質管理、技術)
その他 技術棟、ユーティリティ棟、倉庫棟
錠 剤 17億錠
散・顆粒 8トン

▲TOP