HOME > ワーク・ライフ・バランスの取り組み

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の取り組み

田辺三菱製薬工場では出産・育児・介護など、さまざまなライフイベントにあっても、社員一人ひとりがやりがいや誇りを感じながら、安心して働き続けられる職場環境の整備をこころがけ、仕事と家庭との両立支援に努めています。

次世代育成支援対策推進法(次世代法)に基づく一般事業主行動計画もこうした考えのもとに実施しています。現在も、社員が効率的な働き方への意識を持ち、短時間でより高い成果をあげることを目指す「タイムマネジメント運動」の展開など、環境整備に取り組んでいます。

当社の取り組み

次世代法は2025年3月31日まで延長され、2025年まで計画的に取り組むこととなっており、当社においても会社の実情にあった「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」の実現に向け、取り組みを行っています。現在は第七次行動計画の達成に向け、推進中です。


【第七次行動計画】

「多様な働き方、多様な人材の活躍」実現を目指した取り組みを実行していくため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2018年4月1日~2021年3月31日

2.内容

<目標1>
私傷病短時間制度(不妊治療にも利用可)を新設する。

 

(目標を達成するための方策と実施時期)

  • 2018年10月~ 私傷病短時間制度の新設のため、社内規則の改訂と社内周知

<目標2>
休息時間を確保するための施策を実施する。

 

(目標を達成するための方策と実施時期)

  • 2018年10月~ 勤務間インターバル等、休息時間を確保するための施策の実施と社内周知

<目標3>
休暇年次有給取得を促進するため、その方策を実施する。

 

(目標を達成するための方策と実施時期)

  • 2018年5月~ 有給休暇取得奨励日の設定と周知

▲TOP